経営業務の管理責任者について

法人の場合・・・常勤の役員のうち1人が
個人の場合・・・本人または支配人(商業登記簿に登記のある支配人に限る)のうち1人が

次の1~3のどれかに該当することが必要です。

1.
許可を受けようとする建設業に関し、5年以上
経営業務の管理責任者としての経験(※)を有していること


「経営業務の管理責任者としての経験」とは、営業取引上、対外的に責任を有する
地位にあって、建設業の経営業務について総合的に管理した経験をいいます
なので、単なる従業員としての経験などは含みません。

<事例で解説>建築工事業の許可を取りたい場合
○ 建築工事業を行う㈱○△建設で取締役としての経験が5年以上ある
○ 建築工事業を行う個人事業主で5年以上自営してきた
× 大工工事業に関して5年間の経験を有している

2.
許可を受けようとする建設業以外の建設業に関し、6年以上
経営業務の管理責任者としての経験(※)を有していること

<事例で解説>塗装工事業の許可を取りたい場合
○ 内装工事業(他業種でも可)に関して6年以上の経験を有している

3.
許可を受けようとする建設業に関して、6年以上経営業務の管理責任者に
準ずる地位にあって、経営業務を補佐していた経験を有していること

<事例で解説>建築工事業の許可を取りたい場合
○ ㈱△□建設(建築工事業)で建築部長としての経験が6年以上ある
× ㈱△□建設(建築工事業)で社員としての経験が6年以上ある

更新日:

Copyright© 建設業許可申請愛知県支援センター , 2018 All Rights Reserved.