専任技術者について

専任技術者とは、許可を取得しようとする業務についての専門的な知識や経験を持ち
かつ、営業所でその業務に専属的に従事する者のことです。
建設業許可取得の為には、この専任技術者の設置が必須です。
具体的にいいますと、以下の要件を満たす方が該当します。

1.許可を取ろうとする許可業種に関する「資格」をもっている
2.資格はもっていないが、取りたい許可業種について10年以上実務経験がある

上記1,2どちらかの要件を満たした上で
許可を取得しようとする会社に常勤する者でなければなりません。
常勤性の証明として通常、許可申請の際に健康保険証の写しの提示を求められます。

そして、「専任技術者」は同一営業所内においては2業種以上の技術者になることができます。
複数の業種の許可を取ろうとする場合に、1人の技術者が複数の業種について要件を満たしている場合は、
複数の業種の「専任技術者」になることができます。

また、「専任技術者」の要件を満たす者が同時に「経営業務の管理責任者」の要件を満たす場合は
同一の営業所に常勤であれば1人で「経営業務管理責任者」と「専任技術者」とを兼任できます。

更新日:

Copyright© 建設業許可申請愛知県支援センター , 2018 All Rights Reserved.