お知らせ

2017年4月以降は社会保険未加入だと建設業許可がおりない?

更新日:

 

今日付(2017/3/28)の日経新聞で大変気になる記事がありました。

 

政府は4月から建設工事の元請け会社に対し、社会保険に加入していない
作業員は現場で働かせないルールを徹底させる。

雇用保険や厚生年金への未加入がまん延しているようでは
若い人は建設業に就職しない。業界を挙げて正常化に取り組むべきだ。

建設工事で働く作業員は、中小企業の従業員や単独で現場を
渡り歩く「1人親方」が多い。
建設不況を受け、総合建設会社(ゼネコン)や1次下請けが
技能者を社員として雇わなくなったからだ。
結果、所得が不安定になり社会保険に入らない作業員が増えた。

コンクリートを流し込むための型枠を作る工事の業界団体、
日本型枠工事業協会の調査では、昨年8月時点で雇用保険や
厚生年金に加入していない型枠大工は全国平均で6割弱に及んだ。
工事の後に型枠を外す型枠解体工の未加入率は7割強に達している。

こうした状況を改善するため、国土交通省は下請け作業員の
保険加入を徹底させる。
未加入業者は国交省発注の工事から排除する。建設業の許可も出さない。

<2017年3月28日 日本経済新聞より引用>

 

特に一番最後の部分が注目です。

はっきりと、

「建設業の許可も出さない」

と書かれています。

んんっっ、、、、私が知る限り、現状、新年度の4月以降も
愛知県の場合は社会保険が未加入でも許可自体はおりますが。
(その後、文書で加入の指導はあります)

主語が「国土交通省」とありますから、知事許可は対象外で
大臣許可だけの話なのでしょうか?

この辺りの件がはっきりしたら、また当ブログで報告致します。

 

 

 

-お知らせ

Copyright© 建設業許可申請愛知県支援センター , 2018 All Rights Reserved.